こんにちは。U+RooLee(ゆるり)運営スタッフの「ぎっさん」です。

新潟の冬といえば雪を想像する方が多いと思います。ここのところかなり冷え込む日が続き平野部でも雪が降ったりしていますが、今年は1月末くらいまでは全くと言っていいほど雪が降らず暖かい冬だなぁという印象でした。

アラフィフの私は1~2週間に1回ほど健康のために身体を動かすようにしています。近所に野球場や体育館のある施設があり、お天気が良いとその外周コースを散歩がてら歩いたり走ったりしています。

ホントはもっと回数を上げなきゃいけないのですが、適当な理由を見つけては家でダラダラしちゃうんですよね・・・。

特に冬場は雪や風で冷たいですし、まして屋外なんて春が来るまでは「無理だよ~!」って、家にいることが多かったのですが、今年の冬は雪が降らず、1月でもお天気の良い日が多くて外に出て身体を動かそうと思える日が何度もありました。

そんな今年の冬ですが、こんな出来事がありました。

2月になる頃の休日、朝起きてみるとかなり良いお天気。「今日は外に出て身体を動かそう!」と思い、支度をしていつものコースに行きました。

例年より暖かいとはいえ、やはり冬ですから、それなりに寒く身体が温まるまでは時間がかかりそうですが、やっぱり外は良いです。気分も上向きになりますね。

朝は、老若男女、色んな人がいて、時には見知らぬ人にもあいさつをしますが、その日はランニングしているおじさんにあいさつ出来そうなタイミングがあったのに、なんとなく出来ませんでした。ちょっと気持ちが引っ掛かりますが仕方ないのでそのまま走りはじめます。

ご機嫌でゆっくりと走っていると、同じジャージを着た中学生くらいの男の子たちが6~7人、私よりも早いペースで、どんどんと追い抜いて行きました。元気が良いなぁと思いながら、そのまま自分のペースで走っていると、先の方でさっき追い抜いて行ったの男の子たちが、通路をふさがない程度に集まってしゃがみ込み、大きな声で話しています。(←この時点で私の中で男の子たちの印象が一転してかなり悪くなっています・・・。)

う~ん。なんか嫌だなぁ。
遠回りしようかなぁ。でも不自然だよなぁ。
かなり近くを通っちゃうけど、自然な感じで通過しようかなぁ・・・。

なんて考えながら彼らのそばまで近づいていくと、しゃがんで下を向いて話していた男の子の一人が、顔を上げたかと思うとすぐに、

「おはようございます!」

それに続くように、他の男の子たちも、

「おはようございます!」
「おはようございます!」
「おはようございます!」
「おはようございます!」
    ・
    ・
    ・

私は、かなりびっくりしつつ

「おぉっ、おはようございまぁーすっ!」

って、走りながらとっさに返していました。

なんて、良い子たちだ!その場を通り過ぎても、私の顏は多分笑みが出ていたと思います。通過する前の悪い印象は吹き飛び、この日の良いお天気に負けない清々しい朝になりました。

「あ~っ!走りはじめたときにすれ違ったおじさんに、自分からあいさつしておけばよかったなぁ~。今度はちゃんとあいさつしよう!」と、思わずにいられない出来事でした。

寒い寒い冬の朝、気持ちが暖かく豊かになる時間を、元気で素直な中学生の男の子たちからいただきました。