初めまして。入社2年目スタッフのがくと申します。

もう12月。新潟県も本格的に寒い時期になってきますが、それと同時に暖かいコーヒーがよりおいしく感じられます。

今回は、U+RooLeeの商品である「バートドリッパー」を使ってみました。実際に家で家族と使ってみた感想を伝えていきたいと思います!

バートドリッパー コーヒーカラフェセットM(1~4杯用


今回使ってみたのは、「バートドリッパー コーヒーカラフェセットM(1~4杯用)」です。ドリッパー本体であるバートドリッパーと、コーヒーをためておける容器となるカラフェのセットです。違いが分かりやすいように、家にあるいつもの豆を使ってコーヒーを淹れてみました。

普段、休日の朝には父親がコーヒーを淹れてくれるのですが、今回は私が淹れたコーヒーを父と母に飲んでもらい、感想を聞いてみたいと思います!

使ってみてよかったところ1:淹れ方で変わる味の違いを楽しめる

バートドリッパーはフィルターと触れる部分が少ないため、お湯が素直にフィルターを通過し、使う人の淹れ方の違いがそのままコーヒーの味に影響するそうです。

ためしに、注ぐお湯の回し加減や注ぐ速さを変えてコーヒーを淹れてみたところ、コーヒーの知識が少ない私でも違いが分かるほどに味が変わりました!

父と母も「全然違うねー」と、驚きながらコーヒーを飲んでいました。豆を変えなくても淹れ方で味が大きく変わるので、今までは“コーヒーを飲むための作業”になりがちだった過程が、楽しい時間に変わります。一緒に飲む人との会話も増えるので、とても素敵な特徴だなあと思います。

使ってみてよかったところ2:魅力的な見た目

「かっこいい形だね」「オシャレだね」とバートドリッパーを見た父と母は言いました。ステンレス製のドリッパーは高級感があるだけでなく、サビや汚れにも強く、その点も母親にとっては嬉しいようです。

見た目が魅力的な道具は家に置くだけでも嬉しいですし、使う際のモチベーションにもなりますよね。

ドリッパーそのものの見た目以外にも、外側のカラフェやカバーは透明なので、注がれるお湯がコーヒーとして色づいていく様子がよく見えて、心が落ち着きます。

コーヒーをもっと好きになれるバートドリッパー

ここまでご覧いただきありがとうございました。

今回は、「バートドリッパー カラフェセットM(1~4杯用)」を使ってみた感想について、がくがお伝えしました。

実際に使ってみて、普段コーヒーを淹れている方もそうでない方も、コーヒーをもっと好きになれるようなアイテムだと思いました。ここで伝えきれなかったこともあるので気になった方はぜひ、販売ページをご覧ください。

この記事に登場したアイテム