U+RooLee ブランドの新提案商品「Suzuカラフェ」が、2021年9月24日(金)よりクラウドファンディングプラットフォーム「Makuake(マクアケ)」にてプロジェクトを開始します。

今回は、その「Suzuカラフェ」をダイジェストでご紹介いたします!

錫(すず)でワインをまろやかに。このひと時をちょっと豊かにする。Suzuカラフェ

 

  • 注ぐだけで、錫(すず)がワインをまろやかに。
  • ゆっくりと落ちるひとすじのワインが、のんびりとしたひと時を演出します。
  • 空気にたっぷり触れて、さらにまろやかに。

 

▍注ぐだけ!いつものワインを錫(すず)がまろやかに。

おうち時間が増えて、家でお酒を飲む機会が増えた人も多いのではないでしょうか。食事をしながら家でゆっくりしようかなって時は、ワインなんていいですよね。普段用に手頃な価格のものを選んで、「おっ!けっこう美味しいぞ。」と思えると、ちょっと得した気分です。でも、たまには、「自分にはちょっと渋すぎるかな?」とか、「ちょっと飲みにくいな。」って時ありませんか?特にフルボディやミディアミボディの赤ワインって難しい時がありますよね・・・。

そんなあなたにおすすめしたいのが、今回ご紹介する「Suzuカラフェ」。

ワインをグラスにすぐに注がずに、ボトルからいったんSuzuカラフェに移します。すると、ワインが、錫でコーティングされた受け皿を通ることで、お手頃なワインをちょっと豊かに、まろやかに飲みやすくします。※高級なワイン、軽いワイン(ライトボディ)、白ワイン、スパークリングワインにはお勧めしません。

錫(すず)について

錫(すず)は錆びや腐食に強く、古来より、神具、仏具、酒器、茶器、などに用いられ、「水が腐りにくい。」「お酒の味がまろやかになる。」と言われています。水が腐らないようにと井戸に錫板を沈めたり、花器にすれば生け花が長持ちするという話もあります。現代では、錫は料理の味をまろやかにするとも言われ、鍋の内側に錫引きや錫めっきを施した銅製の鍋を見ることができます。このように「錫」は私たちにとってとても身近な金属です。

本当に錫でまろやかになるの?試験を行いました!

本当に、ボトルから注いだワインと、Suzuカラフェで飲むワインに、味わいの違いはあるのか?検査機関に依頼し、味を評価してもらいました。

<評価方法>
検体は基準品となるワインをSuzuカラフェに通したもの。無作為に選抜した評価者5名が、検体を各項目で官能評価する。基準品となるワインを3点とし、1~5点の間で点数が高いほど優れているとする。評価者には、検体、基準品ともに一切の情報を与えず、独立して評価させ、他の評価者の評価内容を知ることはできない。試飲に用いた容器はガラス製とし、ワインは常温とした。

評価者のコメント(抜粋)

『検体はまろやかで、毎日飲める味。基準品は酸味が強い。』

『飲みやすい。』

『全体的にやさしい味わい。日本食に合いそうである。』

評価結果や評価者のコメントから、この試験では、Suzuカラフェで飲むワインは、口当たりがやさしくまろやかだと言えそうです。

 

 

▍ゆっくりと落ちるひとすじのワインが、のんびりとしたひと時を演出します。

Suzuカラフェにワインを注ぐと、受け皿で受け止めたワインが、「ひとすじ」となってゆっくりとガラスカラフェに落ちていきます。

一人でゆっくり、あるいはパートナーと二人で、のんびりとくつろぐ「ひと時」が始まる合図です。

ガラスの質感と相まって、カラフェに落ちるワインを眺めているだけで、気持ちも優しくゆったりしてきます。

いつもより、ちょっと豊かなひと時を過ごせる。そんな時をつくれる製品を目指しました。

 

 

▍空気にたっぷり触れて、さらにまろやかに

ワインをSuzuカラフェに移すということは、ワインがたくさんの空気に触れるということですので、所謂「デキャンタージュ」の効果も期待できます。

デキャンタージュは、例えば、抜栓後に渋味を強く感じた場合などに行うと、味わいをまろやかにしたり、香りを良くすると言われています。

錫との相乗効果で、さらにまろやかになりそうです。

 

 

▍Suzuカラフェのこだわり

精巧な作り

受け皿とセンタープラグは、ステンレス製で精巧に作られ、錫でコーティングされています。形状に狂いが少ない為、センタープラグは受け皿の中心に差し込むだけで、とても安定し、注がれたワインは表面の錫にたくさん触れることができます。

熟練のソムリエのように繊細な「ひとすじ」を作り出す

センタープラグは、ワインを注いだ時に、すーっとひとすじとなってカラフェに落ちていくように、形状の設計、溝の寸法や本数などを何度も検討したこだわりのオリジナルデザインです。出来上がったSuzuカラフェは、熟練ソムリエのデキャンタージュのように、繊細な「ひとすじ」を作ることができました。

 

カラフェとホルダーは耐熱ガラス製

注ぎやすくてテーブルに置いても映えるオリジナルのガラスカラフェは耐熱ガラスで出来ています。単体でホットワインのサーバーなどにもお使いいただけます。また、広口形状なので、使ったあとは洗いやすくて清潔を保てます。

スマートな所作まで考えたホルダー

ホルダーは、ワインをカラフェに注いだ後の『受け皿(とセンタープラグのセット)』をレストします。テーブルではスマートな所作でワインをグラスに注ぐことができます。素材はカラフェと同じ耐熱ガラス製。また、片付ける時には、カラフェや受け皿と重ねて収納できるので場所を取りません。

片付ける時には重ねて収納できます。

 

 

▍製品の仕様

Suzuカラフェ

●外形寸法
使用時/約W155×D130×H160 mm
収納時/約W155×D130×H165 mm

●製品重量
約683g

●満水容量
約1,000ml ※実用容量:約650ml

●使用材料
◎受け皿・センタープラグ:18-8ステンレス鋼(サダックメッキ)<日本製>
◎カラフェ・ホルダー:耐熱ガラス(使用区分:熱湯用/耐熱温度差:120℃)<中国製>
※製品は日本国内にて検品と梱包を行います。

 

Makuake(マクアケ)公開について

マクアケではお得な特別割引にて限定数をご提案させていただく予定です。

公開期間(予定):9月24日~10月24日

公開後のプロジェクトページURL(公開前は閲覧できません)
https://www.makuake.com/project/shindo3/

おしらせ
このプロジェクトは All or Nothing 型 となりますので、目標金額を達成した場合に限りプロジェクト成立となり、リターンの発送が行われます。
目標金額を達成できずプロジェクトが成立しなかった場合は、サポーターへ応援購入した金額が全額返金され、リターンも届きません。