U+RooLee(ゆるり)運営スタッフの「ぎっさん」です。

11月も後半に入り、朝晩の寒さも厳しくなってきましたね。そろそろ秋も終わろうとするこの時期は、私にとっては妻の誕生日という大切な時期でもあります。

今年は誕生日の前に考えていることがありました。いつも私を支えてくれている妻に「ありがとう。」と伝えてみようと・・・。

きっかけは、会社の朝礼で読む小冊子に、「人の支えに感謝しましょう。」とあり、私は妻に「感謝しているよ。」と、まともに伝えたことがないぞ・・・と思ったからです。

だからといって、いまさら真顔で言うのも照れくさく、仮に言ったところで妻の方も、「どうしたの?」というリアクションでしょう。気持ちが上手く伝わらないことは目に見えます。

そこで気が付きました!「あ、誕生日だ!」と。

誕生日のお祝いに「いつも、ありがとう。」と言うなら、なんとか出来そうですし、少しは気持ちが伝わるんじゃないか?って考えたんです。

さて、今年の妻の誕生日は運よく土曜日!子供は朝からお出かけしたので、二人でゆっくりできるぞ!と思っていたら妻はお仕事へ行く準備を始めた。「え?今日仕事なの?」と聞く私に、「午後からね~。明日の午前中もだよ。今月は忙しくて~。」といつも通りの妻。

じゃあ、これからシャインマスカットのケーキ(←妻のリクエスト)買いに行かなきゃ!急いでお目当てのお店に行ってみると、まさかの売り切れ!まだ、お昼なのに!!

しょうがないから他のケーキを買ったけど、私のテンションは下がり気味。しかも妻はケーキを出勤前にちゃっちゃっと食べちゃって、「パパ、ケーキありがとね~。仕事いってくるね~。」って。おーい!普段と変わらん!!言うタイミング逸した~!!

翌日の日曜日。お天気は秋晴れの快晴!なのに妻は昨日に続きお昼過ぎまでお仕事。出勤の準備をしながら見ていたテレビ番組で地元の紅葉スポットが紹介されたら、「いいなぁ~!紅葉綺麗だね!ここ行ってみたいなぁ~!でも、今日お仕事だもんね。ちょっと遠いし無理かなぁ。」と言うので、(これだ!)と思い、私はすぐに、「あのさ、仕事から戻ってきたらすぐに行こうか?誕生日だし!(←ちょっと意味不明?)」と妻を誘った。

仕事から戻った妻がすぐに外出できるように準備をして待っていると、聞いていた時間より少し遅い時間に帰宅。「忙しかったぁ~。」という妻の言葉を聞きながらすぐに出発しました。なんとかギリギリ日が沈む前に到着し、ちょっと寒かったけど紅葉を楽しむことが出来て満足そうな妻の顏を見る事ができたのです。

家に帰る車中、陽も暮れて会話するにはとっても雰囲気が良い感じになってきました。よ~し、と私はハンドルを握りながら話しはじめました。「今年の誕生日はどうだった?お互い50歳だね。ここまで一緒にいてくれて、ありが・・・、ん?、寝てるし~!!」う~ん、なかなか上手くはいかないものです。

そりゃ、疲れてるよね。昨日も今日もお仕事だったし、紅葉は良い誕生日プレゼントにはなったけど観たのは夕方で寒かったもんね。暖房の効いた車の中で気持ちよさそうに目を閉じている助手席の妻を見ると、「いつもの我が家だなぁ(^_^)。まぁ、無理に言わなくてもいいか・・・。」と思う自分がいました。

妻が織り成すいつも通りの我が家の空気感が、私にとっていちばん幸せを感じる時間です。「いつも、ありがとう。」と、言葉に出して言えませんでしたが、そう思って毎日を過ごすことが私にとっていちばん大切なことだなぁと思える週末でした。

そんなふうに考えながらのんびり運転していたら妻が目を覚ましました。「やっぱり、シャインマスカット食べたい~!」と言うので、「じゃあ、このまま買いに行こうか!」と言ってお店を目差しました。これが我が家の日常だもんね。これからもよろしくおねがいしま~す!